Top / 旧情報 / 無印 / 攻略 / シナリオ攻略 / 未開の楽園  最終更新日: 2016-01-01 18:28

シナリオ攻略/未開の楽園

概要

アロハ!偉大なるポリネシアの王よ!そなたは現在、偉大な島々の1つを支配下に置いている。
その熱帯の楽園の素朴さに相反し、そなたの栄光への渇きは太平洋の大きな波をも越える。
そなたの民は、星と鳥の動き、そして力強い太平洋の潮流を基に、「ウェイファインディング」という見事な航海術をつくり上げた。
勇敢なる航海士たちは、二重構造のカヌーで外海を越え、数百キロ先の新たな植民地を探す航海を望んでいる。
荒れ狂う高波をくぐり抜け、故郷の浜辺のその向こうに、新たな礎を築くことができるだろうか?
島の文化を世界に広め、太平洋をその手中に収めるのだ。

ルール詳細

勝利条件

社会制度を全て獲得し、ポリネシア全域における支配権を得る

特別ルール

  • 使用する技術ツリーと社会制度ツリーはシナリオ専用の全く新しいもの
  • 4つの文明国は最初からそれぞれ固有の特色を持っている
    • 研究を行うことでポリネシアのユニークユニット(マオリの戦士)、ユニーク改善(モアイ)が解禁
  • 都市の所持数が増えても社会制度の獲得コストは増加しない
  • クック船長に会うと科学理論が解禁され、マスケット兵などより強力なユニットが研究可能になる
  • 社会制度コンプリートボーナス無し

テクノロジー

名称説明
ウェイファインディング
Wayfinding.png
ユニットの出航可、海洋への出航可
水産養殖
Aquaculture.png
港湾、漁船のゴールド産出増加
タトゥー
Tattoo.png
兵舎、英雄叙事詩
儀式的踊り
CeremonialDance.png
マオリの戦士、民族叙事詩
装飾彫刻
OrnamentalCarving.png
モアイ改善の解禁


資源活用施設

名称説明
モアイ
Moai.png
文化1、隣接するモアイの数により増加、社会制度石彫刻により増加、海洋隣接タイルのみ改善可


社会制度

儀式

名称説明
儀式
Ceremony.png
カワカワ
Kava.png
幸福度+10
サーフィン
Surfing.png
各都市の幸福度+1
タプ
Tapu.png
文化ポイントによる社会制度の獲得コスト10%減
ポフィリ
Powhiri.png
ゴールドによる都市国家への影響力25%増
ルーアウ
Luau.png
高級資源1種につき幸福度+2

採用ボーナス:首都の人口が生み出す不満33%減

芸術

名称説明
芸術
TheArts.png
タパ
TapaCloth.png
各都市の文化+2
ティキ
Tiki.png
幸福度の余剰50%が文化へ
フラ
Hula.png
黄金時代の発動に必要な累積幸福度-25%
ロンゴロンゴ文字
RongoRongo.png
図書館と天文台の科学力+50%
石彫刻
StoneCarbing.png
モアイの文化+1

採用ボーナス:モニュメント、寺院の文化力が2ずつ増加

名誉

名称説明
名誉
Honor.png
ハカ
Haka.png
倒したユニットの3倍の文化ポイント獲得
ポイ
Poi.png
出航したユニットの移動ポイント+1
マナ
Mana.png
偉人出現速度+100%
祈祷師の癒し
KahunaHealing.png
白兵ユニットに衛生兵のレベルアップが付与
大首長
Ariki.png
大将軍出現速度+100%

採用ボーナス:経験値+15

参戦文明

文明指導者文明指導者
Samoa.pngサモアマリエトアTahiti.pngタヒチポマレ1世
Tonga.pngトンガアホエツHiva.pngヒバホツ・マツア
都市国家軍事
文化
海洋

初期状態

  • 都市
  • ユニット


攻略

難易度は創造主に準拠。その他の難易度でも通用すると思いますが、効率的では無いかもしれません。(バージョンは1.0.1.511)

基本的な攻略方針

社会制度を18個取得することで勝利となるため、文化力を優先して文明を発展させていくことになる。

どの文明も狭い島からスタートするため、なるべく早めに開拓者を生産し都市を増やしていく方が良い。
陸地が無い都市では人口がいくら増えようとも文化を得ることが出来ないため、なるべく広い土地を確保し首都以外の人口を伸ばしておきたい。
逆に狭い島に都市を建てる場合には、幸福資源を入手できる場合に限定し、人口も伸ばさずにおこう。

通常のゲームと変わらず、序盤は周囲の探索から行っていくこととなる。
AIは海を超えての探索が不慣れなのか、古代遺跡が多く残されている。
初期の戦士はもちろん、首都で斥候を2体程度生産し、古代遺跡の確保と周囲の探索に充てるとリターンが大きい。

都市を新設する際には、都市周辺のモアイがなるべく隣接するように心がける必要が有る。
首都が孤島に有るため他の都市も沿岸に有った方が良さそうだが、沿岸に配置してしまうと都市周辺のモアイが隣り合うのを阻害してしまう。
都市を内陸に配置する場合、灯台が建てられず海上資源の旨みが薄れるが、モアイの隣接を妨げず結果として文化力が高くなるケースが多々ある。
草原+バナナと言った十分な食糧供給タイルが有る場合には、内陸に建てた方が良いだろう。

社会制度はまず儀式を取得していくのがオススメ。まずはカワカワを目指すと良いだろう。
本シナリオでは社会制度のコンプリートボーナスが存在しないため、儀式をコンプリートする前でも十分な幸福が確保でき次第
芸術を取得していくと良いだろう。基本的に名誉は最後で構わない。

テクノロジー開発はまず石工術を目指すと良いだろう。モニュメントの解禁条件となっているため
このテクノロジーを取得しないことには文化力を産出出来ない。
その後は幸福資源を解禁しつつモアイの解禁を目指そう。テクノロジーの進展についてはそこまで
神経質になる必要は無いが、後半の技術で寺院が解禁される為、手が空き次第天文台を建てておきたいところ。

モニュメントや寺院といった施設の影響が大きいこと、都市数に拠る不幸が実質0.8に抑えられるため
施設が揃うことを前提に考えるのならば、人口1の都市をひたすら置いていくと最終的な文化力は高くなる。
ただし開拓者や各種施設の建設コストを考えると、現実的には各都市それなりに人口を伸ばすこととなる。
購入ならばタイムロス無く文化力が出せるが、そのゴールドで都市国家との同盟を結べることを考慮しよう。
とは言え通常のゲームよりも都市の数を多めに、人口を少なくすることは心がけた方が良いだろう。

攻略メモ

  • 以下、難易度皇子に準拠。
  • ランダムマップを選択しておくと、
    探索・発見により実績を3つ解除できる。
  • プレイヤーチートではあるが、
    メニューから「離脱」を選ぶことで、全体マップを確認できる。
  • 基本的に、他の文明との戦争は発生しない。
  • 目安として、都市は6つ程度になる。
    ニュージーランドに相当する広い土地に、2都市は建設しておきたい。
    当然、沿岸にモアイを敷き詰めることになる。
  • 都市を建設した直後に、モニュメントを購入するとよい。
  • 何も資源のない近海に、市民を配置することが無いよう、
    人口をチェック・抑制し、幸福を節約したほうがよい。
  • ジャングルを伐採すると、食料が減って、
    飢餓が発生することがあるので注意。
    特に、序盤の首都で起こりやすい。
  • 市民を働かせないタイルにも、モアイをつくっておくとよい。
    目視でモアイが必要なヘックスを判断しようとすると、
    隣のモアイで文化+1となる箇所を、見落としやすい。
  • 序盤、出港したユニットは安全に航海できる。
    海上にいる限り、蛮族に非戦闘ユニットを捕獲されることはない。
  • しかし、60ターンを過ぎたあたりから、蛮族のガレー船が出現する。
    この時点で、こちらは海軍ユニットを生産できないだろう。脅威になりうる。
  • 序盤の軍は、弓兵をつくるとよい。
    蛮族ガレーに対して、海軍がない状態では、弓兵で陸上から攻撃するしかない。
    マオリの戦士などの白兵ユニットは、つくらなくても問題ない。
  • 非戦闘ユニットは、外海でターンを終了すれば、蛮族の船に捕獲されない。
    ただし、当然ながら攻撃されれば、ダメージを受ける。
  • 以後、キャラベル・マオリの戦士・マスケットなど、
    ターン経過により、出現する蛮族が強くなる。
  • 蛮族の船は、漁船による改善施設を破壊してくることはないようだ。
    しかし、海上封鎖によって飢餓が発生しやすい。
    都市には弓兵を置いておいた方が良い。特に首都。
  • 中盤は、三段櫂船の解禁を急ぎ、蛮族のガレー船に
    対抗できるようにしたほうが良い。
  • 127ターンスタート時、4文明中3文明に、クック船長遭遇の通知。
    マップ上にいるクック船長を探す、というシステムではないようだ。
    遭遇イベントが発生する条件については、不明。(難易度皇子)
  • 天文台・図書館は、それほど急がなくてもよい。
    クック船長に会うまで、かなりの科学力が無駄になる。
    また、天文台・図書館は、人口の多い都市のみでもよい。
  • 寺院を建設したら、手動で芸術家を配置しておくとよい。
  • 都市国家へのゴールド贈与による、
    ポイント増加量が、通常のゲームよりも大きい。
  • ではあるが、ゴールド贈与なし、クエスト無視、
    同盟・友好なしでも、問題なく勝利可能。(難易度皇子)
  • 文化都市国家と同盟で得られる文化値は、終盤では8。
    最終盤では、1ターンあたりの文化値は140程度になるので、誤差の範囲。
  • それよりも、社会制度「名誉」ツリーの「ハカ」は、
    倒した敵(基本的には蛮族)の戦闘力の3倍、文化値を入手できる。
    これがけっこう大きく、勝利までの時間を、数ターンは短縮できる。
  • AIの社会制度獲得速度がチート気味。(難易度皇子)
    都市数3、陸地・モアイほぼ無しにもかかわらず、中盤まで、
    多数のモアイを持ったプレイヤーよりも、早かったりする。
    しかし、モアイを敷き詰めた国土があれば、終盤には逆転できるだろう。
  • 目安として、166ターン、ヒバで勝利。(ランダムマップ、難易度皇子)

南太平洋マップについて

南太平洋マップは完全固定のため、配置を覚えておくと攻略難易度が下がる。
マップ南西にそれなりに大きな陸地が有るため、優先して開拓していくと良いだろう。
マップ北東にもそれなりの陸地が存在するが、やや離れた位置のため利用し辛い。
各文明の初期立地に真珠が配置されているため、マップ上の真珠はあまり役に立たない。
また染料もやたらと配置されていることを覚えておこう。

コメント

コメントはありません。 コメント/旧情報/無印/攻略/シナリオ攻略/未開の楽園?

お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-01 18:28